東京での数ヶ月の滞在にオススメなサービスアパートメント。海外では主流ですが、日本においてはまだまだ馴染みがないですよね。今回はそんなサービスアパートメントの定義やホテルやマンスリーマンションとの違いや相場などを徹底調査してみました。

 

サービスアパートメントとは?サービスアパートメントの定義

サービスアパートメントは「期間限定」で滞在できる滞在施設のことを指します。キッチンや家具や家電が設置されているので、スーツケース一つでやってきても、その日のうちに自宅のように寛ぐことが可能。また、ホテルのようなフロントサービスや部屋の清掃を受けられるのです。

数ヶ月の滞在においては、海外ではサービスアパートメントが主流ですが、日本ではまだまだ馴染みがなく、マンスリーマンションが多く利用されているのが現状です。

 

サービスアパートメントの特徴

ここからはサービスアパートメントの特徴について説明していきましょう。

 

一般的な生活が出来るような家具・家電などが完備されている

先ほども触れましたがキッチン・家具・家電が完備されているのがサービスアパートメントの最大の特徴。数ヶ月の滞在では、これらがあることで生活しやすさは格段に上がりますよね。

初期費用が抑えられる

日本で賃貸マンションを借りる場合は、敷金・礼金・仲介手数料などが初期費用としてかかることが多いです。しかし、サービスアパートメントではこれらの初期費用が不要です。サービスアパートメントによっては、敷金・保証金がかかる場合もあります。

ホテルのようなサービス

ホテルのサービスのようなサービスを受けられるのもサービスアパートメントの特徴の一つです。例えば、ホテルのように部屋の定期清掃、シーツ・タオル交換をしてくれ、フロントサービスが受けられるものが多いです。また、英語が話せるコンシェルジェがいるケースもあるので、海外からの外国人出張者も安心して滞在することができます。

まだ、少ないですが物件によって、ジム、プールの施設があるサービスアパートメントもあります。

 

インターネット・水道光熱費が含まれている

通常、賃貸マンションを借りた場合は借主がインターネット・水道光熱費の契約が必要になり、家賃以外の支払いをしなければなりません。しかし、サービスアパートメントの場合はそれがすでに月々の家賃に含まれていることがほとんどです。出張の多い忙しいビジネスマンには非常に便利ですよね。

 

保証会社・保証人は不要

通常の賃貸物件を借りる時には保証人や保証会社が必要になりますが、サービスアパートメントではそれらは必要ありません。

 

ホテルの長期滞在よりリーズナブル

ホテルで長期滞在した場合に比べると、料金面で言えばサービスアパートメントはかなりリーズナブルと言えます。

 

個人・法人契約のどちらでも可

サービスアパートメントでは、個人・法人どちらでも契約が可能です。会社事情による長期の出張などにも、サービスアパートメントをお使いいただけます。

 

サービスアパートメントとホテルとの違い

滞在期間

ホテルは1泊2日などの短期間の滞在も可能ですが、サービスアパートメントでは1ヶ月以上の期間からのものが多いです。

 

キッチン・家具・家電

サービスアパートメントではキッチン・家具・家電が完備されているものはほとんどです。ホテル住まいだとキッチンがないので外食になってしまいますが、サービスアパートメントでは自炊が可能です。また、洗濯機が完備されていますので、日常生活は快適です。

 

部屋の清掃サービス

ホテルでは清掃は毎日行ってくれますが、サービスアパートメントでは毎日ではなく、週1、隔週などホテルに比べると低頻度となります。

 

料金

料金面で言えば、サービスアパートメントはホテルの長期滞在に比べると約30〜40%ほどリーズナブルになります。長期滞在ではサービスアパートメントの方がコストパフォーマンスは良いと言えます。

 

サービスアパートメントとマンスリーマンションとの違い

部屋の定期清掃サービス

サービスアパートメントでは定期的な清掃、タオル・シーツ交換サービスがありますが、マンスリーマンションでは部屋の清掃サービスはなく、自分で家事代行サービスを頼むか自分で掃除する必要があります。賃貸マンションのような暮らしとホテルのようなサービスも受けたい場合にはサービスアパートメントがおすすめです。

 

キッチン・家具・家電

サービスアパートメント・マンスリーマンション共にキッチン・家具・家電が完備されているところほとんどです。しかし、1部のマンスリーマンションでは食器や寝具のような生活雑貨がなかったり、設備が古かったりする物件があるので、契約前に念入りに物件のチェックしておくと良いでしょう。

 

料金

サービスアパートメントもマンスリーマンションも、礼金・仲介手数料などの初期費用は必要ありません。

月の料金では、マンスリーマンションの方が約15〜20%程度安い相場になっております。しかし、価格が安いので狭く古い物件だったというケースも多くあります。また、家賃以外に退去時の清掃費や水道光熱費が別途支払う必要がある物件もあったりするので、契約前に必ずチェックしましょう。

 

サービスアパートメントはどんな人にオススメ?

サービスアパートメントの利用者の多くは、外国人の長期出張、駐在員の一時帰国時の滞在先としてよく利用されます。

また、仮住まいが必要な方(リフォーム、長期賃貸前)や学校の事情で数ヶ月の滞在が必要な方(MBA、大学院、語学学校、その他)にもぴったりな滞在場所と言えます。セカンドハウスが必要な方、国内転勤で事務手続きする時間がない方にもオススメです。

 

サービスアパートメントの相場は?平均的な間取りは?

物件にもよりますが、東京都心での1ヶ月のサービスアパートメントの相場は1K・1LDKで約25〜40万。平均的な間取りは1Kや1ベッドルームの物件が多く、部屋のインテリアもおしゃれで上質な物件がほとんどです。

通常の賃貸物件に比べると割高に感じるかもしれません。しかし、初期費用なし、光熱費込み、キッチン・家具・家電完備の上、寝具・食器などの生活雑貨が全て揃っているという点も含めて考えると、数ヶ月〜1年程の滞在する方にとってはコストパフォーマンスが良いとも言えます。

また、サービスアパートメントを紹介するインターネットサイト「MetroResidences」では、一部の部屋で サービスアパートメントプラン、マンスリーマンションプラン、2種類のプランが選べます。マンスリーマンションプランだと、清掃サービスなどがついていないので価格を抑えることができ、同じ予算でも広いお部屋の滞在が可能です。マンスリーマンションプランの場合は、退去清掃費は別途かかります。

 

サービスアパートメントの選び方

アクセスのしやすさで選ぶ

数ヶ月の滞在となると職場や学校へのアクセスのしやすさが最優先になるケースが多いと思います。 サービスアパートメントは東京都心部に多く物件はあるので、職場などへのアクセスのしやすさで選ぶとよいでしょう。

 

住みたい街で選ぶ

サービスアパートメントは東京都心多くあり、渋谷・新宿などのターミナル駅の近くや、麻布十番・六本木・恵比寿などのおしゃれな人気エリアにもあります。憧れの街に短期間暮らすことも可能です。

 

物件で選ぶ

サービスアパートメントの物件にはタワーマンションも多くあります。誰もが知っている憧れのタワーマンションに数ヶ月滞在することもできます。

 

サービスアパートメント契約してから入居してからの流れ

まずはサービスアパートメントを紹介するホームページにアクセス。今回はサービスアパートメントを紹介するサイト「MetroResidences」での予約方法を参考に説明していきます。

空室がどうかチェック

WEB上で物件をチェック。自分の希望とスケジュールに合った物件が空いているかチェックしましょう。WEB上で確認できないお部屋もありますので、お問い合わせフォーム、メール [email protected] か電話 03-4405-522 で問い合わせをしましょう。営業スタッフがご対応させていただきます。

 

予約申込み

空室があるかどうか確認後、空いていたら予約申し込みができます。

個人契約の場合、ご契約者の本人確認証(顔写真付き)、運転免許証・パスポート等の写しをご提出いただきます。法人契約の場合は、さらに法人登記簿の写しが追加お願いされます。その後、請求書が送付されます。

 

支払い

保証金、1ヶ月分の前家賃と定期・退去清掃費を事前にお支払いいただきます。

 

契約

入居審査を行います。審査終了後に契約書をメール、または原本を発送致します。ご署名・ご捺印の上ご返送いただき、予約の手続きが完了となります。

 

入居

支払、契約の完了後、入居方法と鍵の受け渡し方法をフロントデスクチームから連絡が来て、チェックインをします。

まとめ

日本では馴染みのないサービスアパートメント。しかし、生活に必要なものが揃っている状態の部屋に住め、まるで自宅で暮らしているようにできるストレスが少ない新しい滞在スタイルと言えます。

仕事・学校・プライベートで数ヶ月仮住まいが必要になった時は、ぜひサービスアパートメントも選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

理想なサービスアパートメントを見つけるには、「MetroResidences」で検索!

Leave a Reply