サービスアパートメントとは、家具・家電付きマンションのひとつ。
ホテルと賃貸マンションの中間の機能を持つ宿泊施設として、数週間から数か月単位で契約でき、世界では、駐在者やエグゼクティブ向けの住まいとして人気です。

物件によってはホテルのような定期清掃やフロントデスクを備えていたり、ジムやラウンジがあったりと、設備が充実している高級サービスアパートメントもあります。

サービスアパートメントというと日本ではまだまだ馴染みがない方も多いかもしれません。
日本での短期賃貸といえばレオパレスが有名ですね。マンスリーマンションやウィークリーマンションなどもよく知られていますが、こちらはサービスアパートメントと比べると最低限の家具がついた比較的リーズナブルな物件が多くなっています。

今回はサービスアパートメントの定義や都内でサービスアパートメントを選ぶ際のポイントなどをご紹介します。

サービスアパートメントとは?サービスアパートメントの定義

サービスアパートメントは、定期借家契約により短期間滞在できる家具・家電付きの住まいのことを指します。家具、家電があらかじめ設置され、キッチンもついていて、スーツケース一つで入居しても、その日のうちに自宅のように過ごすことができます。

東南アジアやヨーロッパ、欧米をはじめ海外各地にサービスアパートメントがありますが、日本での認知度はあまり高くないかもしれません。

サービスアパートメントの特徴

ここからはサービスアパートメントの特徴について説明していきましょう。

日常生活に必要な家具・家電などが完備されている

キッチン用品、家具・家電が完備されているのがサービスアパートメントの最大の特徴です。
物件によっては数日分の洗剤やトイレットペーパー、各種アメニティなども置いてあるので、まるで家にいるかのような感覚で暮らし始めることができます。

数週間から数か月滞在することになれば掃除機やアイロンのようなちょっとした家具家電が必要になるのでホテルに住むよりも生活しやすさは格段に上がるでしょう。

一般的な生活が出来るような家具・家電などが完備されている その1

一般的な生活が出来るような家具・家電などが完備されている その2

サービスが付帯している

サービスアパートメントには様々なグレードがあり、高級ホテルのスイートルームのような部屋からマンスリーマンションに近いものまで様々です。一部の高級サービスアパートメントでは、ホテルさながらのサービスが受けられます。
サービスの内容もグレードによって異なりますが、サービスアパートメントでいうサービスには主に定期清掃が含まれていることが多いです。フロントデスクサービスやリネン交換まで行ってくれるところもあります。

ホテルのようなサービス その1

日本には数が少ないですがサービスアパートメントによって、ジム、プールといった付帯施設があるサービスアパートメントもあります。

ホテルのようなサービス その2

 

インターネット、電気、水道がすぐ使える

通常、賃貸マンションを借りた場合は借主自身で電気、ガス、水道の開始手続き、インターネットの契約をする必要があります。
一方のサービスアパートメントでは、特に何もしなくても入居した時にすぐ使えることがほとんどです。

また、サービスアパートメントでは水道光熱費やインターネット代の全額ないし一部が月々の家賃に含まれていることも多いです。

 

保証会社・保証人が不要

通常の賃貸物件を借りる時には保証人や保証会社を立てるのがほとんどですが、サービスアパートメントでは保証人や保証会社が不要ということもよくあります。
国内に身寄りがいないために保証人を立てるのが難しかったり、保証会社の審査で保証金が高額になってしまう場合でも、サービスアパートメントなら比較的契約しやすいという場合もあるでしょう。

 

ホテルの長期滞在よりリーズナブル

ホテルの中には、長期出張のビジネスマン向けにウィークリープランやマンスリープランを出しているところもありますが、それでも日数を重ねるとかなり費用はかさみます。
食事や洗濯をすべて外ですませなくてはいけないことも考えると、多少の生活スペースもあるサービスアパートメントのほうが暮らしやすい面が多いでしょう。

 

個人・法人契約のどちらでも可

サービスアパートメントは、個人・法人どちらでも契約が可能です。
契約は個人で行い、法人の家賃補助を利用するなど、個々の事情に合わせて相談できるのがありがたいところです。

 

 

サービスアパートメントとマンスリーマンションとの違い

サービスを推すのか商品(物件)を推すのか

サービスアパートメントでは定期的な清掃、タオル・シーツ交換など、住まいとしての空間に加えてサービス提供に重きがおかれています。
一方のマンスリーマンションでは、いわゆるマンションとして箱を貸す形になるので、特にサービスなどは実施していない場合も多いです。

 

賃料

サービスアパートメントもマンスリーマンションも、基本的には礼金や仲介手数料などの初期費用がかからないことが多いです。

サービスアパートメントは、清掃やリネン交換などのサービスがついていることから、相場としてはマンスリーマンションの方が約15〜20%程度安くなっています。
その分、マンスリーマンションの場合は、家賃以外に退去時に清掃費などがかかることもあります。

 

サービスアパートメントはどんな人にオススメ?

サービスアパートメントの利用者の多くは、日本に駐在できた外国人や長期の出張で東京や大阪に来た人など赴任時の住居としてよく利用されています。

そのほかにも、社宅として会社で利用する場合や、リフォーム時の仮住まい、趣味や書斎としてのセカンドハウス、就活や進学に備える一時的な住居としても利用されることがあります。

マンスリーマンション・サービスアパートメントの利用目的については、こちらをご参照ください。

 

サービスアパートメントの相場は?平均的な間取りは?

物件にもよりますが、東京都心での1ヶ月のサービスアパートメントの相場は1K・1LDKで約20〜40万。間取りは1Kや1ベッドルームの物件が多く、部屋のインテリアもおしゃれで上質な雰囲気の空間がほとんどです。

通常の賃貸物件に比べるとどうしても割高に感じるかもしれませんが、光熱費込み、キッチン・家具・家電はもちろん、食器などの生活雑貨が全て揃っているという点も含めて考えると、数ヶ月〜1年程の滞在する方にとってはコストパフォーマンスが良いとも言えます。

MetroResidences」でご紹介しているサービスアパートメントの一部では、清掃サービスのついたサービスアパートメントプラン、退去時にのみクリーニング業者が清掃するマンスリーマンションプラン、2種類のプランが選ぶことができます。まめにご自身で掃除される方で定期清掃が不要な場合は、滞在費を抑えてマンスリーマンションプランにすることも可能です。

サービスアパートメントの選び方

アクセスのしやすさで選ぶ

数ヶ月の滞在となると職場や学校へのアクセスのしやすさが最優先される方が多いです。サービスアパートメントは新宿、六本木、東京駅周辺(日本橋など)東京の中心部に集中しているので、よく行く場所に近いところを選ぶのが正解でしょう。

 

住みたい街で選ぶ

日本のサービスアパートメントはほとんどが東京・大阪などの大都市圏に集中しています。
東京なら渋谷・新宿などの主要駅の近くや、麻布十番・六本木・恵比寿など、賃貸としても人気の高い都心の街に多いです。
アクセスのしやすさはさることながら、ずっと住みたかった憧れの街に短期間住んでみるというのも悪くないかもしれません。

住みたい街で選ぶ

エリア別のおすすめサービスアパートメントはこちら

 

物件で選ぶ

サービスアパートメントの物件にはタワーマンションも多くあります。誰もが知っている憧れのタワーマンションに数ヶ月滞在することもできます。

物件で選ぶ その1

物件で選ぶ その2

 

サービスアパートメントに入居するまでの流れ

ここからは、「MetroResidences メトロレジデンス」の場合の、サービスアパートメントの予約フローについて解説します。
予約フローについては、こちらのページでも解説しています。

Webサイト上でご希望のお部屋を探す

住みたいエリアや入居日から、ご希望の物件をお探しください。
弊社は極端な加工や誇張表現のない正確な写真と情報の提供を心がけており、内見なしでも安心してお申込みいただける体制を整えております。

お問い合わせ

最新の空室状況の確認やお問い合わせに関しては、お問い合わせフォーム、メール [email protected] またはお電話 03-4405-5226 、LINE(mr-sk / mr-sales-fukuda)でも承っております。


Live Booking(即時予約)

メトロレジデンスでは、一部のお部屋で、オンラインですぐにご予約いただける即時予約システムを採用しています。
物件ページの下にございます「今すぐ予約」ボタンをクリックすると、決済画面まで進み、お部屋のご予約が完了いたします。
※物件の事情で3時間以内に予約が確定しない場合は、決済いただいたクレジットカードからお引き落としされることはございません。
live-booking

 

予約申込み

ご希望の条件で空室がある場合、お部屋を手配するための予約リクエストフォームをお送りさせていただきます。
フォームにご記入後、契約書、請求書をお送りしますので契約書へのサインをお願いいたします。

個人契約の場合は、ご契約者様本人の身分証明書(顔写真付き)、会社のお名刺を頂戴しています。法人契約の場合は、履歴事項全部証明書の写しをご提出いただきます。
お送りいただいた内容をもとに入居審査を行いますので、お間違いのないようお気を付けください。

お支払い

お支払いはクレジットカードまたは銀行振り込みとなっております。(クレジットカードの場合は3%の手数料が発生いたします)
サービスアパートメントの場合は初月の賃料+定期清掃費、デポジット(一時お預かり金)の入金をお願いいたします。
マンスリーマンションプランですと定期清掃費のかわりに、退去時にお部屋をクリーニングする際の費用を頂戴しております。

 

入居

ご契約とお支払いが完了後、入居方法と鍵の受け渡し方法について弊社フロントデスクチームよりご連絡いたします。
メトロレジデンスでは、指定のキーボックスからご自身で鍵をとっていただく❝セルフチェックイン方式❞を採用しています。
対面でのやりとりや、面倒なご来店なしに、スマートに入居ができます。

まとめ

短期的な仮住まいとして利用されているサービスアパートメント。ホテルのような快適なサービスと、生活に必要なものがすべてそろった状態で住める自宅のような安心感が魅力です。

数週間から数か月程度、一時的に東京で住む場所をお探しの方は、ぜひサービスアパートメントという選択肢も候補に入れてみてはいかがでしょうか。

MetroResidencesメトロレジデンス」であなたの理想のお部屋が見つかりますように。

MetroResidences

Leave a Reply